megane 4R.S 4代目

先代が2010の発表だったと記憶してる約8年ぶりのフルモデルチェンジされたmegane rs。流行りのダウンサイジングで1800㏄ターボ 280hp /39.8nm 重量はまだ把握できてないけども恐らく同等かちょい重ってとこだと推測。5doorになったので先代のようなクーペスタイルでは無くちょっと残念な部分もあるがライバルに比べるとスタイリッシュでグラマラスだと思う自分的には好印象。

最大のトピックは誰もが気になるであろう4control(日本式で言うと4WS)街乗りでは便利だろうが、スポーツ走行やサーキットではどんな反応になるのだろうか違和感ないことを願う。電子制御バイワイヤでアクチェーターコントロールなのでキャンセルできるといいですね。最近では欧州車のPorscheやBMWの上位クラスに採用されてる4CONTROL

Trophyは来年末に発表との事。それでシビックタイプRのニュル最速に挑戦するのであろうか。パワー/トルクは約1割増しされるようだ。それでもタイプRの320hpには及ばない。それで勝ちに行くのならそれ相当のシャシー性能とタイヤが必要。4コントロールとEDC(2ペダル)に期待。どんなタイムを出すか楽しみ。

全幅は1860mmと先代より更にワイドになりました。フロントはメガーヌRSの要ダブルアクスルストラットシステム(DASS)を採用して事確認できました。リアの足回りの画像がないのでトレーリングアームかマルチリンクかはまだ把握できてません。マルチリンクに越したことは無いと思うけど先代のメガーヌRSのリアサスペンションはトレーリングアームでもスポーツ走行に限って言えば問題は無かった。ホイールは19インチでしょうね恐らく...タイヤ代がどんどん高額になりますね。エアロやLEDライト周りの作りは今風で綺麗なデザイン。

リアビューはゴツイね。ディフューザーやマフラー出口迫力ありますね。まるでランボやね!?

インテリア、インターフェイスも今風で使いやすそうになりました。悪く言えば普通になった感じ。

このルノースポールチーム体制で車両開発されてるので走りに関して言えば間違いはないと推測します。ステアフィール、ハンドリングに拘るウルゴンさんやF1パイロットのニコフュルケンベルグさんがテストドライバーとして参加。

これももう一つのトピックで流行りの2ペダルEDC。恐らくニュルタイムアタックはこっちのEDCを使うんじゃないかな。

MT車の設定がどんどん無くなる中、両方ラインナップされることは嬉しい。僕が買うならもう2ペダルのEDCが欲しいな。一度試してみたいよね。よくよく考えてみれば20年以上マニュアル車に乗ってる自分。

電子制御化がどんどん進む中メガーヌRSは今まで電子制御をフルカットできたが今回はどうだろうか?違和感ある制御だけはやめてほしいな。

シビックタイプRも乗ってみたいけどこのメガーヌRSも乗ってみたい。乗ってみたいだけですがね...

 

ジムカーナ参戦に向けタイヤ交換

12月6日はTJマイカージムカーナ最終戦!

洗車とタイヤ交換が近頃のルーティン

験担ぎでもないが最低限の車への愛情で

しかし今回は機械洗車、このBRZは洗車機とのマッチングがよく追加で洗い足すことは無かった。淡い色なら機械洗車もありかな。500円VS人件費+時間で計算すると…機械洗車やね。 と言うかディーラでは機械洗車されてるからもういいね。

あぁ美しい~

続いて久々の勝負タイヤに武装。

この十字アタッチメントで心配せずにジャッキアップできるようになりました。もうちょっと純正から考えてくれりゃいいのにな。

インパクトで断然楽楽交換できるように

↓before

↓after

明日はbrz/86クラスは6台のエントリー Kのチームオーダー 達成できるでしょうかね(笑)

trophy−R vs type-R 

久々ホンダのタイプR  ちょっとポチッと応募しようとしたが踏みとどまった。
僕はまだ詰めきれていないように感じてる。ちょっと急いで仕上げてきた感じがするかな、雰囲気的にね。Rボタンで豹変するのは現代的でもあるが、なんかねそこに逃げちゃったのかなって感じもする。Rならシンプルに走り一本でいってもいいかもね。偉そうに乗ってもないのに言っちゃってゴメン!ホンダならもっとイケると思っていたのが本音。。。 清水さんのドライビング素晴らしいけど最終コーナーだけは毎回乱れるね。意図的に挙動、姿勢を作ってるが如何なものか。。。素人は真似しないほうがいいね。

そしてtrophy−Rやっぱり走りと質感の完成度が高くて走りに特化してるところは僕は好きだな。2人乗りだけが頂けないだけでね、type-Rより若干高いがメガーヌRSのパーツを考えると高い買い物ではない。何せオーリンズ車高調、アクラポビッチチタンエキゾースト、Michelin pilot cup2と言うサプライヤーがついているのだから、単純にこれだけで90万円程の物である。価値があるないは一目瞭然!
↓やっぱり清水和夫さん最終コーナ若干乱れさしてるね。僕はもっとリアを安定させて進入させる方がいいと思うけどね。ここまでくると人それぞれでしょうね。まぁ何れにせよ速いからいいね。

もう売られてる日本限定60台なのにね3台発見。一番上は高いがOPでブレーキローターだけで23万円でベルハウジングがアルミの高級品が付いている。4点式ベルトそう着、ナビ等 
IMG_3604

しかし今はリア駆動を勉強、慣れるのみ!しばらくはお預け。。。